野口クリーニング店

文字サイズ

クリーニング工程

お預かりしてから、キレイになって包装されるまでの主な工程をご紹介します。
1.確認・準備

 衣類全体を確認します。破損しやすいボタンやホックには保護カバーを取り付け、ポケットのゴミを払います。
 洗うだけでは落ちない汚れやシミがあれば「洗たく前処理」に回します。

替えが利かない貴重なボタンは、念のため取り外してからクリーニングに出す事をおすすめします。
2.洗たく前処理

 襟や脇、ポケット回りなどの汚れが多い箇所があれば、洗浄液をつけ超音波の振動でなじませておきます。また、シミになっている箇所はスポットガン等でシミ抜きしたり、適切な薬品を調合して部分漂白しておきます。

年間で1,000点以上ものシミ抜きをしているんだよ。
さすが個人経営の店!地域の皆様に永年磨きをかけていただいた豊かな経験値ですね。
シミは時間経過とともに落ちにくくなります。
もしシミに気付いたら、お客様ご自身で手を付けず、できるだけ早めにご相談されることをオススメします。
3.洗い

 素材や色調、衣類のラベルの表示などを見て、同じ洗い方のグループに分けます。
 素材によってドライクリーニングと水洗い(中温・高温)を使い分けます。それぞれの洗い方法でも、素材や染色状態などにより強弱を分けた洗い方のバリエーションがあります。

落ちにくい汚れを前もって処理しているから、衣類へのダメージが少ない優しい洗い方ができるんだよ。
だから風合を損なわない気持ちのいい洗い上がりになるんだね!
4.乾燥

 ドラム(回転式)乾燥、立体成型乾燥、自然乾燥を衣類や洗い方によって使い分けています。ドラム乾燥は短時間で風合い良く乾くのでセーター、ダウンなどの厚物のほか広く一般的に使っています。  背広などの形の整った衣類を汗抜きなどのためウエットクリーニングした場合などには、シルエットがしっかり整う立体成型乾燥を採用。また、デリケートな衣類は熱を加えない自然乾燥でゆっくり乾かします。

手間を掛けてでもシルエットを復元できる乾燥の方法は、小さなお店ならではだね。
じつは立体プレス機の温風を利用しているんだ。 こうすると乾いた時点でシルエットもばっちりキマル!
5.汚れ落ちの点検

 洗う前には衣類の色と重なり見えなかった油性と水性の混じった小さな汚れやシミが、洗濯・乾燥後に初めて可視化することがあります。必要に応じて再度シミ抜きし、エアドライヤー等で素早く乾燥します。

キレイなようでも目に見えない汚れって結構あるもんなんだよ。
大切な衣服は、ちゃんとしたクリーニング店に出してからしまうのが安心ね。
6.プレス

 衣類の種類別に用意している各種プレス機械を使ったり、豊かな経験を持つベテランによる手仕上げをアイテムに合わせて使い分けています。

折り目はシャープに、ギャザーはふわっと、厚物はふっくらと、丸みのシルエットはなめらかなラインで。
まるで その素材が使われている意味とか、デザインの意図やニュアンスを表現してるみたい…
ていねいな少ロット生産型の仕事をコツコツと重ね続けた、小さな専門店の面目躍如ですね。
7.包装

 プレス時の蒸気(湿度)が完全に抜けてきちんとした形が定着したら、包装してお客様のお手元に戻るのを待ちます。

お店の保管スペースには限界もあります。
仕上がりの良さを活かすためにも、どうぞお早めにお引取りください。